100歳のお祝いの方法

日本の長寿祝いの一つである百寿。百寿は文字通り、100歳をお祝いするものです。

無事に100歳を迎えたことに対するお祝いの気持ちを込めて、家族や親族でお祝いの会を設けるのは非常に大切なことです。

60歳の還暦から始まり、70歳の古希、77歳の喜寿…と人生の節目ごとに長寿祝いは多く存在しますが、それぞれ感慨深いものがあり一つ一つを大切なイベントとして捉えている方は多いものです。

そのため、お祝いされないとなると寂しく、家族から大切にされていないのではないかとがっかりしてしまう場合もあります。

お祝いしてあげることによって、これまで生きてきた人生は素晴らしいものだったと再確認できるとともに、これからの人生の活力にもつながるでしょう。

今回は、身近な方が百寿をきちんとお祝いするために、100歳のお祝いの方法をご紹介していきます。

 

長寿祝いと100歳の節目

100歳の節目

長寿のお祝いの一つに百寿があげられます。百寿はその名前の通り100歳をお祝いするもので、日本では還暦についでポピュラーな長寿の祝い事といえるでしょう。

100年で1世紀であることから紀寿と呼ばれることもあります。その他にも長寿を3つの段階に分けて、100歳以上になると上寿と呼ばれることもあります。その他には60歳以上が下寿、80歳以上を中寿と呼んでいます。

世界で見た場合に日本はかなりの長寿国であるといえるので、今では80歳、90歳と長生きする高齢者は大勢います。そのため100歳のお祝いをする人も、それほど珍しくなくなっているといえるでしょう。

百寿のお祝いは数え年で100歳を迎える年に行います。数え年というのは、生まれた年を1歳と数え、その後、元日に1年ずつ年をとるという考え方があります。

しかし近年では生まれた年を0歳と数えることも多く見られます。この場合にはその後、誕生日が来るごとに1年ずつ年を重ねていく満年齢が一般的に使われるでしょう。近年では数え年で年齢を数える人は少なくなってきているといえます。

百寿のお祝いは、数え年で99歳のお祝いにある白寿が誕生してからできたお祝いとされています。そのため還暦のように、古くからおこなわれていた長寿のお祝いというわけではありません。

長寿のお祝いの際には、ちゃんちゃんこを身につけたり、扇子を持ったり、頭巾をかぶるなどの風習がありますが、長寿のお祝いにはそれぞれ決まった色が存在しています。

一番有名なのが、還暦の赤と言えるでしょう。百寿のお祝いでは何色がもちいられるかというと、100歳のお祝いにはいろいろな説があります。

白寿をあらわす白がもちいられることもあれば、米寿と同じ金色がもちいられる場合もあります。どちらも尊敬の意味を表わす色ですが、百にはももという読み方もあります。そのため、ももを桃に言い換え、ピンクをもちいることも近年では増えてきています

プレゼントを選ぶ際には、このような色を選んで購入するのもよいですが、プレゼントに決まりはないので、百寿のお祝いとして心に残るプレゼントを選ぶとよいでしょう。

 

孫に曾孫と4世代が集まる

100歳のお祝いは4世代が集まる

高齢化社会が進んでいますので、長生きをする人もたくさん増えてきました。

日本人の平均寿命も80歳を超えてきていますので、元気な高齢者もたくさんいます。

その中でも100歳ともなるとかなりの高齢ともいえますが、日本では100歳を超える人が2万人とも言われていますので、自分の身内でもそれほど長生きできる人が出てきても不思議ではありません。

身内が100歳を迎えるときには、百寿のお祝いをみんなでしてあげるといいでしょう。

親戚みんなで集まって子供や孫、ひ孫などが顔を見せてあげると喜んでくれるはずです。

自分の血を分けた子供や孫たちが、自分のお祝いのために時間を作って集まってくれるとなれば、うれしくないはずはありません。

 

4世代が一同に集まれる良い機会

100歳のお祝いに贈るプレゼント

お祝いの時にはみんなで集まって食事会をするのもいいですし、プレゼントを贈るのもいいでしょう。

百寿の時に喜んでもらえそうなプレゼントとしては、本人が生まれた当日の新聞記事を渡してあげるのも喜んでもらえそうです。

誕生日だけではなく、結婚記念日や出産をした日など、人生の節目節目の新聞も一緒に渡すことによって、本人の歩んできた人生を振り返ることが出来ますので、100年という長い年月をかみしめることが出来るようになります。

百寿祝いのプレゼントはどんな基準で選べばよいか

 

メッセージの添え方

100歳のお祝いに添えるメッセージ

プレゼントには新聞を渡すだけではなく、メッセージも一緒に添えて渡してあげることによって、喜びが倍増するはずです。

長々とした文章は必要ありませんが、心に響くようなメッセージを添えてあげることによって、気持ちを伝えることが出来ます

メッセージに入れておくといい言葉としては、これからも長生きをしてほしいという言葉や、笑顔や元気でいてほしいという言葉を入れておくといいでしょう。

ありきたりの言葉だったとしても、本人の心に響くメッセージは感動をしてもらうことが出来るはずです。

みんなの気持ちのこもったプレゼントとメッセージを添えて百寿という大きな節目のお祝いをしてあげるといいでしょう。

百寿祝いに感謝の気持ちを伝えるメッセージ例

LINEで送る
Pocket