百寿を食事会で祝う

 

本来百寿とは100歳になった方をお祝いするものであって、近年高齢化社会においてその行事を行う方が増えてきていることが多くなっています。

 

100歳になった方ということで、物をプレゼントするだけでなく家族や親族の方も交えた食事会を用意する「思い出」をプレゼントする方もいらっしゃるはずです。

100歳のお祝いは人とのふれあいが嬉しいもの

 

まずお祝いされる方にとって100歳は100年という長い日にちを過ごしてきたという貴重な時間を証明するもの。

 

たくさんの方に出会い、そして別れを繰り返してきたことでしょうから、たくさんの人におめでとうと言ってもらえることが何よりのプレゼントになるはずです。

 

その中でも家族は最も特別な存在。血を分けた子供や孫の楽しそうな顔は何よりの宝です。

百寿祝い(100歳)の食事会を成功させるポイント

 

そんな家族から用意してもらった食事会は成功させたいもの。そこでお祝いのための食事会を行うポイントをまとめてみました。

[1]体調への負担を配慮した準備

1つに、お祝いされる方は100歳のご高齢者。元気な方もいらっしゃるとはいえ年齢相応の負担が体にはあるものです。

 

その負担を少しでも和らげてあげるため、長時間の催しは極力避けます。せいぜい3~4時間程度に済ませましょう。

 

ですが、家族にとっても一大イベント。本人が楽しそうにしていて体に余力があるならばそのまま続けていてもかまいませんが、後々負担が体にかかり疲れから体調を崩すことが予想できますから近くにいる方が慎重に見守ることが必要です。

 

できるならすぐに休める部屋を近くに用意したほうがいいでしょう。

[2]会場の手配に関わる参加者の確認と設え

2つめに、会場です。家族・親戚、友人など呼ぶ方々を合わせて少人数にする場合ならば自宅でも構いませんが、大人数になる場合や遠方から来る家族・親戚が数多くいる場合は宿泊も視野にいれなければなりません。

 

そういった場合は近くのホテルに「お祝いプラン」等が用意されているところがあります。

 

自宅で行う際にはオードブルや手作りのお料理を用意することと思いますが、準備に大変手間と時間がかかります。

 

来る方みんなの好みやアレルギーを把握してメニューを準備し、当日テーブルに準備するのはどれほどの苦労が家族にかかるか…お祝いを計画するほうが疲れてしまって心からの祝福ができなくなってしまいます。

 

ホテルなどで食事会をするのであればお祝いされる本人の好みはもちろん、アレルギーに対応した食事のほか、子供向けのキッズメニューなど様々な対応をしてくれるサービスがあるのでオススメです。

 

 

ホテルスタッフの方に写真撮影をお願いするのもよいでしょう。その際はかならず予約をとり、料理や撮影ができるかどうかなど事前に確認が必要です。

 

ホテルならば遠方から来られる家族・親戚、友人の方も安心して来ることができます。

 

しかし、予約できるホテル自体が遠方だったり、お祝いされる本人が自宅での開催を望む場合もあるので、十分に本人と主催者で話し合うことが必要です。

 

自宅で開催する場合はお祝い用のデリバリーを行っている店舗がネットを通じて用意できます。アレルギー対策も可能なので店舗に相談してみるのもよいでしょう。

何よりも大事なのは百寿になられたご本人の意思

 

最後に、食事会に限らず大切なのは本人の意思の尊重です。家族が一方的に準備した食事会では本人の気分が乗らないことがあるかもしれません。

 

周りの人がやかましくただ騒ぐだけの会ではたとえ元気な若者でも疲れてしまいます。

 

お祝いをする家族や親戚の方の自己満足だけで進めないように100歳を迎える方本人の希望をじっくり聞いて、家族が本人をしっかりサポートできるような食事会にするのが最高の贈り物になるはずです。

 

人生の大先輩である方に家族としてお祝いできることが何よりの幸せとなるように、しっかりと以上の段取りのポイントをしっかりと守って、最高の百寿のお祝いになるようにしましょう。

 

これからもより元気に毎日を過ごしていこうと思ってもらえるように企画できたら自分もこのような場を作ってもらえるよう健康で長生きしよう!と思えるはずです。

LINEで送る
Pocket