百寿祝いの風習について

 

日本には長寿を祝う風習が今でも行われています。

 

最も有名なのが60歳を祝う還暦ですが、それ以外にも、古希、喜寿、傘寿、米寿、百寿と続いていきます。

 

この長寿を祝うことを年祝と言いますが、100歳以上もお祝いする風習があり、120歳になると大還暦というお祝いまであります。

 

百寿は「ひゃくじゅ」または「ももじゅ」と呼ばれるお祝いで、その文字通り100歳をお祝いすることを言います。100年は1世紀ということもあり紀寿とも呼ばれています。

 

このお祝いは数え年で100歳を迎える歳に行います。

百寿(100歳)祝いのカラーは?

 

還暦と言えば赤いちゃんちゃんこや扇子、頭巾を用意しますが、お祝い事にはそれぞれ決まった色があります。

 

還暦なら赤色、古希や喜寿なら紫色、米寿なら金色または金茶、白寿なら白色が一般的です。

 

百寿の場合には、様々な説がありますが、白や金という説のほか、百という文字は「もも」とも読めるため桃色のプレゼントを用意するケースも多くあります。

100歳の高齢の方には何をプレゼントすれば良い?

 

せっかくですのでお祝いしたいという人も多いかもしれませんが、高齢の人にはどんな基準でお祝いを用意したら良いのかわからないということもあると思います。

お酒は今でも飲んでいる方限定

還暦であればお酒やワインなどを送るケースも多いですが、歳を重ねるごとに酒に弱くなり、高齢になればお酒を飲んでいないという人もいるため、お酒を100歳になった今でも飲んでいる方に限られます。

百寿を迎える方の健康状態次第で、家族が喜ぶものにする

プレゼントを贈る基準としては、まず相手の体の状態を考慮して選んでいきます。家族が助かるものを選ぶのもオススメです。

100歳のテーマカラーでプレゼントを選ぶ

 

お祝いですので白色や金色、桃色などを選ぶことも良いとされています。

 

個人差はありますが、高齢になれば自由に行動ができないということも多くあります。プレゼントを選ぶ場合にはその辺りをしっかり考えて選んでいきます。

家族との百寿の思い出作り(動ける場合)

元気で歩けたり、家族の付き添いがあれば出かけられるという場合には、負担にならない程度の旅行をプレゼントするのもオススメとなります。

動けない場合は家族が喜ぶもの

あまり動けずに自宅で過ごすことが多いという人には、食べられる範囲の美味しいものや汚しがちなパジャマなども喜ばれます。

 

本人の希望がない時には、世話をしている家族のサポートになると思っているものをプレゼントするのも十分お祝いになります。

百寿祝いのプレゼント、平均予算は?

 

百寿のお祝いに贈るプレゼントは関係性によって予算が変わってくると考えられます。

 

[子供の場合]

両親への場合には平均的に2万円〜3万円

[孫・曾孫の場合]

祖父母の場合には1万円〜2万円

[親戚の場合]

その他の親族の場合には5000円〜2万円

[身内以外]

親族以外には5000円〜1万円程度

 

※平均的な金額となります。

100歳のプレゼントに選ぶ主なもの

 

具体的なプレゼントとしては様々なものがプレゼントされています。

座布団

歳をとることによって膝などに痛みが出やすくなり床に直接座ることが辛くなってしまうことも多いです。

 

筋力も弱ってくるため何か背もたれのあるものを利用する方が楽に感じます。

 

そのような理由から、座椅子が人気のプレゼントの一つです。

持ちやすい箸やスプーン

手の力も弱くなるため通常の箸を持ちづらくなることもあります。そのため凸凹などが付いている持ちやすい箸やスプーンなどを送ると食事がしやすくなります。

体を温めるグッズ

体が冷えやすくもなるため体を温めるグッズもおすすめです。

 

汚しがちな下着は締め付けが少なく保温性の高いものや柔らかい腹巻き、パジャマの上から羽織れる半纏などのグッズがあります。

フォトフレーム

100歳を迎える場合孫やひ孫などの家族も多くなっています。

 

なかなか会えないこともあるため、写真を飾るフォトフレームを送り、孫やひ孫の写真を飾るのも喜ばれます。

その他、定番のケーキや花

ただし、ケーキを贈る場合には咀嚼力も落ちていることも考えて、柔らかく咀嚼しやすいプリンやムースなどを土台としたものを選ぶことが大切です。

LINEで送る
Pocket