100歳のお祝いを百寿祝いといいます。

 

今までお世話になった人が100歳のご長寿祝いである百寿祝いを迎えられるのであれば、日ごろ改まって感謝の言葉を伝える機会がなかった人も、感謝の思いを伝えるとてもいい機会になります。

 

お祝いの品にメッセージカードを添えて感謝の気持ちを伝えることもできますし、お祝いの会などに出席することができない場合には、電報などを使って感謝の気持ちを伝えることもできます。

 

また、御祝儀とともに感謝の言葉を添えて送ることもできます。

 

でも、いったいどんな言葉で日ごろの感謝の気持ちを伝えたらいいかわからない、という人もおられます。

 

そんなときに使えるお祝いのメッセージをいくつか紹介していきます。

百寿のお祝いメッセージ例

 

「おばあちゃん、白寿おめでとうございます。遠くに住んでいるのでなかなか会うことができないけれど、今度遊びに行くからまたいろいろなお話をしてくださいね。

 

いつまでも元気で長生きしてね。」

 

「おじいちゃん、本当におめでとう。今まであまりじいちゃん孝行することができなかったら、これからもっともっと長生きして、孝行させてくださいね。」

 

などは喜んでもらえますし、感謝をしている気持ちも伝わります。そのほかにも、

 

「お父さんへ 人生の節目に発行された新聞を贈りますね。お母さんといたわり合って、励まし合っていつまでも元気でいてくださいね。

 

いつも本当に感謝をしています。これからもよろしくお願いします。」

 

「100歳のお誕生日おめでとうございます。いつも素敵な笑顔をありがとうございます。

 

みんな元気で明るいあなたが大好きです。これからも元気な笑顔を見せてくださいね。」

 

などもとても喜んでもらえます。

百寿を迎える方に言葉で伝えることで感謝も伝わる

 

このように喜んでもらえるメッセージは多くあります。

 

贈り物にメッセージカードを添えて、このようなメッセージを書くこともおすすめですが、直接贈り物を相手に渡す場合には、直接感謝の気持ちを言葉で伝えることも大切です。

 

メッセージカードに書かれたメッセージもうれしいですが、やはり直接言ってもらえるとさらにうれしいからです。

 

とてもいい思い出になりますし、長生きしてよかったと相手も思います。

 

メッセージに添えて百寿祝いに何をプレゼントすれば良いか

メッセージギフト

メッセージと一緒に贈る贈り物ですが、お祝いのメッセージギフトがすごく人気があります。

 

みんなからの気持ちをぎゅっと詰め込むことができますし、プレゼントされた人も何度も読み返すことができとてもいい思い出の品になります。

 

みんなで寄せ書きをして、感謝の気持ちとかお祝いをする気持ちを伝えることもできます。

 

寄せ書きであれば、いつまでも部屋などに飾っておき、好きな時に見ることができます。

 

また、リビングなどに飾っておいたら、自宅に遊びにきたお客さんなどにも見てもらうことができます。

 

最近では、いろいろなタイプのメッセージギフトがあります。寄せ書きだけではなく、オルゴールのメロディーとともにメッセージを刻めるものもあります。

 

贈る人の好みに合わせてメッセージを届けることができるので、選ぶのもすごく楽しめます。

似顔絵に寄せ書き風でメッセージを入れる

百寿祝いはとてもめでたいお祝いです。そのため、似顔絵をプレゼントしても喜んでもらえます。

 

色紙に似顔絵をかき、その周りの感謝のメッセージを書き込むのもおすすめです。

 

似顔絵をプレゼントされたらうれしいですし、それもいつまでも自宅に飾っておくことができます。とてもいい記念の品になることは間違いありません。

 

似顔絵は自分で描くのもおすすめですが、プロに描いてもらうこともできます。インターネットなどで簡単に注文をすることもできます。

 

素敵なメッセージを添えて、直接渡すことができる場合には、メッセージも直接伝えることが大事です。それだけでお祝いされる人はとてもうれしいからです。

LINEで送る
Pocket